Concenpt
「学び」をつなぐコーディネーターになる。

だれもが学び成長することができる生涯学習社会をめざして、地域や学校などさまざまな場面で、人と人、人とモノ、過去・現在・未来をつなげ、人々の学びあいを支える人を育てます。2 年目からは「生涯学習サブコース」と「文化遺産教育サブコース」に分かれ、さらに専門的な力量を培います。
 

4年間の学び

1 年次には、生涯学習をめぐる考え方や現代社会における課題、実際の取り組みなど、基本的なことについて学びます。2 年次に進級する際に、「生涯学習サブコース」と「文化遺産教育サブコース」に分かれます。

  

〇生涯学習サブコース

子ども・おとな・高齢者など多様な世代や状況にある学習者の支援、学習活動の組織化、地域教育などについて学びます。また、生涯学習を支える条件や環境整備、法制度、公民館・図書館・博物館などの生涯学習施設、専門職の役割に関しても学んでいきます。3 年次からは、「社会教育」「図書館」「博物館」の3 つの分野から主専攻・副専攻を選択し、より専門的に学びを深めていきます。4 年次には卒業研究に取り組み、卒業論文を執筆します。

〇文化遺産教育サブコース

文化遺産の保護・保存とその活用を行っていくために必要な知識と技術が学べます。文化財科学、考古学、保存科学、美術史の4 分野を中心に、文化財の調査・研究法、保存・修復法について専門的知識と技術を学んでいきます。3 年次の演習を経て、4 年次にはそれぞれの テーマを定めて卒業論文を執筆します。いずれのサブコースも、現場や現物に実際に触れ、自分たちでも実践する能動的な学習方法を多く取り入れています。
 

 

先輩からのメッセージ

私は文化遺産教育サブコースに所属し、将来は学芸員をめざしています。このコースの最大の魅力は、何と言っても「人とモノを繋げるプロフェッショナル」になる学びが可能な点ではないでしょうか。文化遺産教育サブコースでは主に「モノ」を対象とする学問を学ぶことができる一方で、生涯学習サブコースでは「人」の繋がりを重要視した学問を学ぶことができます。そのため、自らの興味関心にあわせて専門分野の学びを深めながら両方のサブコースの授業を受けることで、人と人、人とモノを繋げるプロフェッショナルとしての広い視野や技量を身に付けることができます。他の大学の教育学部や文学部とは一味違ったこのコースで、一緒に学んでみませんか。

(足立とも与 3 年)

Admission

ポリシー

地域や職場、公民館・図書館・博物館、学校などにおいて互いにつながりあい広がる多彩な市民学習活動を支援する人材、および文化財とその保存に強い興味と関心を持ち、その教育的活用に意欲的な人材の養成を目的としています。
 

※正確な入試の情報は入試サイトをご覧ください

Curriculum

特色ある科目

  • 現代社会と生涯学習
  • 生涯学習とキャリア形成
  • 社会教育実習
  • 地域図書館経営論
  • 子ども図書館サービス論
  • 学校図書館サービス特論
  • 生涯学習社会と博物館
  • 博物館学基礎論
  • 博物館実習
  • 文化遺産教育と考古学
  • 文化遺産と保存科学
  • 保存科学実地研究
  • 文化財科学概説
  • 文化財分析化学実験
  • 文化遺産フィールド研究

Future

めざす仕事

生涯学習コース卒業後は、公的な立場で市民の学習活動を支援する専門職(公民館職員、図書館司書、学校司書、博物館・美術館学芸員、社会教育主事、自治体生涯学習・文化財担当部署職員等)をはじめとして、自治体や生涯学習関係施設・団体、大学・専門学校等教育機関、教育・研修関連の民間企業、民間企業立の博物館・美術館、文化財調査研究機関等さまざまな職場での活躍が期待されています。本学で生涯学習・文化遺産教育について学び、専門職として活躍している先輩を紹介します。仕事の内容ややりがい、大学で学んで役に立っていることなどについて伺いました。

Staff

教員一覧はこちらをご覧ください