Concenpt
多様な表現活動を知り、教育の場を支援する。

高度情報化社会といわれる現代においてこそ、人と人が直接に向き合うことの重要性が見直されています。このコースでは、さまざまな表現活動の学びを通じて、高いコミュニケーション能力を身につけ、教育の場を支援していくことのできる人を育てます。
 

4年間の学び

ライフスタイルが多様化した社会の中では、ひとりひとりが主体性を発揮しながら互いの個性を尊重して協働し、それぞれの想像力を生かすことが求められています。創造的なアイディアを提案し、他者にそれを理解してもらい、社会の中でいかにそれを実現していくかについて、芸術表現活動の実践や研究を通して学ぶとともに、そうした実践・研究を教育の場に生かす方法について学ぶことがこのコースの目標です。
このコースには、演劇表現、音楽表現(声楽)、造形表現、身体表現(演劇・ダンス)、映像表現(映画)や言語表現(文学・戯曲)について研究している専任教員が6名所属しており、それぞれの専門分野に関する講義や演習を行います。
1年次秋学期に開設される必修科目は、表現教育コースにおける学びの土台となるものです。ここでは様々な芸術表現活動の基礎について学ぶとともに、それらを広く教育の場に応用する方法を考えます。
2年次・3年次には、コース科目から各自の興味・関心に合わせたものを選択し、芸術表現活動のそれぞれの分野についてより専門的な事柄を学びます。また、3年次からは専任教員のいずれかのゼミに所属し、研究・実践を積み重ねます。
4年次には、コース科目から各自の興味・関心に合わせたものを選択し、芸術表現活動のそれぞれの分野についての学びを深めるとともに、大学での学びの集大成として「卒業論文」を執筆します。

 

先輩からのメッセージ

このコースでは私たちの生活をより豊かにしてくれる、あらゆる芸術活動を広く「表現」という枠で捉え、そうした活動に携わりたい、追究したいと考える人が集まっています。演劇、映像、音楽、美術と、入学以前から関心を寄せてきた分野はコース内でも十人十色ですが、誰かの“表現”に対する意思・姿勢に魅せられたという点は同じであり、仲間と互いに刺激し合いながら視野を広げていくことができます。
「表現教育」というコース名にもあるように、“教育”という切り口から芸術活動に迫ることが最大の特色といえます。各分野の概論について学ぶ講義形式の授業と組み合わせる形で、実際の活動現場を想定しながら知識を活用する演習形式のものが開設されており、“他者に伝える”という実践に重きが置かれています。また、自分の興味・関心に合わせて音楽や美術といった他学科の授業に積極的に参加することで、より深い学びを求めることもできます。

(西尾和樹 3年)
 

Admission

ポリシー

芸術表現に関する理論と実践的経験を学び、教育を含む社会的なコミュニケーションの場で応用できる人材の養成を目的としています。
 

※正確な入試の情報は入試サイトをご覧ください

Curriculum

特色ある科目

  • 演劇と社会
  • 映像リテラシー教育概説
  • 音楽表現教育論
  • デザイン表現概説
  • 表現教育とキャリア形成
  • コミュニケーション教育概説
  • パフォーマンス研究
  • インプロ研究
  • 英米戯曲分析演習
  • 日本戯曲分析演習
  • 映像芸術分析演習
  • 芸術教育基礎演習
  • 舞台表現実践演習
  • コミュニケーション・デザイン実践演習
  • パフォーマンス分析演習
  • ワークショップ実践演習
  • 芸術家と教育支援

Future

めざす仕事

表現教育コースの学生の進路は、芸術表現を活用した教育を支援する仕事(教育現場における「演劇」や「表現」などの授業を支援するファシリテーター等)、芸術表現活動に関する知識と実践力を活用して学校と学校外の組織とを連携する仕事(劇場、美術館、地方自治体等)、芸術表現活動を支援する仕事(文化財団、劇場、ホール、イベント関係の団体や企業等)、芸術表現活動の振興にかかわる仕事(芸術文化振興団体、広告代理店、出版社、メディア関連企業等)等、さまざまな場での活躍が期待されています。

Staff

教員一覧はこちらをご覧ください