Concenpt
支えよう、健康とスポーツ。

本コースでは、運動・スポーツを中心として地域、学校、家庭の連携を実現していける教育支援のコーディネート力と運動指導力を備えた人材の育成をめざします。
 

4年間の学び

本コースでは、スポーツが得意でスポーツ教育に興味・関心のある人たち、健康づくり・子どもの外遊び・スポーツの支援活動に関心をもっている人たち、運動が苦手な子どもたちへの支援に関心をもっている人たちにとって大切なことが学べます。
1年・2年次には広く教育支援、また学校スポーツ、生涯スポーツ、体育科教育学、スポーツ科学、健康科学、運動・スポーツ指導などについて基礎理論を学びます。2年・3年次では演習や実習形式の授業が徐々に多くなり、実験や指導の実践を通して実用的な知識や技能を習得することができます。また、2年次には体育科教育学、体育学、運動学、健康科学のいずれかの分野の研究室に所属します。3年次からは自分が所属した研究室の活動や指導教員との関わりの中で専門的な知識や技能を習得できます。4年次には研究室の教員の指導の下で科学的な卒業論文の執筆に取り組みます。
また、本コースでは追加して単位を修得する事で中学校・高等学校の保健体育科教員の免許を取得できます。ただし、教員免許取得は必須ではありません。

 

先輩からのメッセージ

私は将来スポーツ指導者になり、選手の競技力向上につながるサポートや多くの人にスポーツの楽しさを伝える仕事がしたいと思い、専門的な知識と教育的な知識を学ぶことができる生涯スポーツコースを選びました。
スポーツバイオメカニクスやスポーツトレーニング論など、自分の競技生活のためになる授業がたくさんありますが、中でも、スポーツ史の授業が1番印象に残っています。私は、2016年のリオデジャネイロ五輪に女子7人制ラグビー日本代表として出場しましたが、オリンピックの歴史に関する授業を受けた後、それまでとオリンピックに対する認識が変わり、深く考えていなかったスポーツの価値やオリンピックが開催される意義について改めて考えるようになりました。
また、このコースの特徴は様々な競技を追求している人が集まっていることだと思います。他競技の人から学ぶことも多く、自分の競技にもつながる良い刺激をもらっています。生涯スポーツコースは競技外のところで、自分の競技力向上のヒントが転がっている魅力的なコースです。

 
(小出深冬 4年)
 

Admission

ポリシー

社会の中での多様なスポーツの実践を支え、体力づくり、競技力の向上、健康づくり等を担う専門的な人材の養成を目的としています。
 

※正確な入試の情報は入試サイトをご覧ください

Curriculum

特色ある科目

  • 生涯スポーツコース入門セミナー
  • 生涯スポーツとキャリア形成
  • 学校スポーツ支援論
  • 学校スポーツ支援演習
  • 健康支援論
  • 健康支援演習
  • 学校スポーツと教育支援
  • 生涯スポーツと教育支援
  • 生涯スポーツ支援研究演習

Future

めざす仕事

  • 学校の運動部活動を学外から支援したり、運動会などをサポートする仕事
  • 体育授業に適応できない身体条件・運動能力の児童や、体育指導が得意でない教員を支援する仕事
  • 地域における健康問題やスポーツの活性化を支援する仕事
  • ナショナルレベルのスポーツ振興について企画・運営する仕事
  • 野外教育施設でレクレーションスポーツ、キャンプなどの指導に携わる仕事(スポーツ指導員、スポーツ関連団体・企業職員、学校体育支援NPO 職員、スポーツ行政等従事者、自然の家職員など)

Staff

教員一覧はこちらをご覧ください