Concept

新しい知識・情報・技術が、社会のあらゆる領域での活動の基盤として飛躍的に重要性を増している社会で生き、そして社会を創っていくための力を育てる情報教育と、教育効果をさらに向上させるために情報通信技術(ICT)の教育への活用が求められています。これらの教育を学校の内と外から支える人を育てます。
 

4年間の学び 

情報教育コースでは、1年次にA類情報教育選修の学生と共に計算機システムの仕組み、プログラミングやアルゴリズム、情報工学・情報科学の基礎となる数学を学び、2年次以降、オペレーティングシステム、データベース、計算機ハードウェア、ネットワークシステムなど専門的な内容を学んでいきます。これらの専門科目は高校情報の免許科目にも指定されています.高校情報の免許を取得したい場合は、これらの科目と合わせて課程共通で置かれている免許取得のための科目や情報科教育法を履修します。
加えて、学校現場と協働して様々な現代的教育課題の解決を支援できる人材を養成する教育支援課程の目的にそって、E類の他のコースの学生と共に教育支援の基本知識と方法論を学びつつ、情報教育と教育でのICT活用の支援について学びます。
3年次からは研究室に所属し、研究室それぞれの専門分野を学んで、4年次には卒業研究に取り組みます。研究室にはA類情報教育選修の学生と共に所属しますので、小学校教育に触れる機会も多くあります。

 

先輩からのメッセージ 

情報教育コースでは、「教育を情報技術者の立場から考える」ことをテーマとして、主に情報技術や教育に関することを学んでいます。
高度情報化社会や知識基盤社会と呼ばれる現代において、タブレット端末などのICT機器の導入や小学校でのプログラミング教育必修化など、教育の分野でも情報技術のエキスパートが必要とされています。私たちは教育と情報技術の知識を融合させることで教育界を支える人材をめざし、学習や研究をしています。
また、情報技術に関してもコンピュータサイエンスの基礎的な部分からビッグデータやIoT、AIなど、現在のITトレンドと関連した授業まで幅広く設けられており、発表やグループワークを通してエンジニアに必要不可欠な問題解決能力を磨くことができます。

(工藤くりこ 3年)

 

Admission

ポリシー

教育の情報化と情報通信技術(ICT)の進展に対応して、情報科学およびICTに関する専門的な知識とスキルをもとに、情報教育や教育の情報化に貢献できる人材の養成を目的としています。
 

募集人数

コース 前期日程 後期日程 推薦
情報教育 10 5 0

※正確な入試の情報は入試サイトをご覧ください

Curriculum

特色ある科目

  • ソフトウェアシステムと教育支援
  • 教育情報化支援教材論
  • 情報教育とICT活用支援
  • 情報社会と教育支援
  • 情報教育フィールドワーク実習
  • 情報科教育法
  • 計算機システム概説
  • プログラミング
  • 応用プログラミング
  • 計算機ハードウェア
  • オペレーティングシステム
  • データベース
  • ネットワークシステム
  • HCI
  • 知識処理
  • 情報数学
  • 数値計算
  • オートマトンと形式言語
  • 情報システム設計

 

Future

取得可能な教員免許状

コース  サブコース 取得可能な免許状
情報教育   高等学校教諭一種免許状(情報)

 

めざす仕事

  • 最先端のICTを活用した情報通信システムや教育用ソフトウェア、デジタル教材を開発し、学校の外から教育を支援する仕事(前身である情報教育課程の学生は日立、NTTデータ、ソフトバンク、ヤフー、内田洋行、ベネッセ、野村総研等に就職しています)
  • 教育現場における情報教育やICT活用を支援、指導する仕事(ICTコーディネータ、ICT支援員等)
  • 高等学校の情報科教員
  • これからの情報教育や教育へのICT活用を担う教育者を育てる仕事(大学院進学後に大学教員、企業研究者等)

 

高校情報教員を育てます

情報教育コースでは高校情報の教員免許が取得できます。次期学習指導要領では、高校情報は計算機科学を中心とした科目となる予定であり、計算機科学の教育方法を専門的にきちんと学んだ教員が求められることが予想されます。高校情報の教員免許は工学部などでも取得できますが、情報教育コースでは、標準のカリキュラムの中に組み込まれているため、無理なく教員免許を取得することができる点が大きな特長です。また、教職についてより深く学びたいときには、専門的な授業が数多く開講されていることも、教育学部の中にある情報教育コースの魅力です。


教育に強い情報技術者を育てます

教育へのICT活用が進む中、教育用の情報システムやデジタル教材を開発・販売している企業では、教育を理解している情報通信技術者を求めています。情報教育コースでは、工学部に引けを取らない授業を揃えており、しっかりと情報通信技術を学ぶことができます。卒業研究は、計算幾科学、ソフトウェア工学、知能情報工学、メディア社会学、対話メディア工学、計測制御工学、教育工学などを専門とする教員が少人数制で指導しますので、専門的な研究にじっくりと取り組むことができます。また、初等教育教員養成課程(情報教育選修)の学生と共に学ぶことで、より実践的な教育に触れることができることも、大きな特長の1つです。


学校や地域教育でのICT活用を推進する人材を育てます

教育へのICT活用は全ての先生に求められているものですが、全員がICTに長けているわけではありません。そこで情報教育コースでは、教育の情報化のエキスパート教員と共に、学校や地域教育におけるICT活用を指導・助言・サポートする人材を育てます。現状そのような職種としてICT支援員がありますが、今後は、単純に機器の操作を補助するだけではなく、授業の内容にも一歩踏み込んだ支援が求められるようになることが予想され、情報通信技術と教育、そしてそれを支援する手法を学んだ人材が重要になってきます。情報教育コースでは、教育支援課程の他コースの学生と共に、様々な専門知識を持った人材がチームとなって教育を支えていくシステムを学びます。この点を学べるのは学芸大以外にはほとんどありません。


次世代の研究者・教育者を育てます

前身の情報教育課程では、大学院に進み、研究者や大学教員を進路とした人もいます。情報通信技術と教育の両方を専門的に学べる大学は数少ないため、次世代のこの分野を支える人材を輩出することも、情報教育コースの大きな使命と考えています。

Staff

教員一覧はこちらをご覧ください