Concenpt
心の声を聴くカウンセラーになる。

人々の心を支え、心の回復や成長の手助けをするカウンセラーは、学校や地域社会に欠かせない存在となってきています。本コースでは、臨床心理学・カウンセリングを専門として教育と社会に貢献する人材を育てます。悩みや苦しみを抱える人に寄り添い支援する技術をもった専門家になるために学びます。 

 

4年間の学び

カウンセリングコースでは、公認心理師(国家資格)を養成するための学部カリキュラムを準備しています。1年次には、心理学・臨床心理学の基礎を学ぶとともに、心理統計法など心理学研究に必要な基礎学習を開始します。2年次になると、面接の傾聴技法をロールプレイにより実践的に身につけ、臨床心理学研究法、データ解析法・質問紙調査法もマスターします。また、「カウンセリングとキャリア形成」の授業により、職業選択について指導します。3年次になると、ゼミを選択し、自分の関心の高いテーマによる研究を開始します。さらに「心理療法実践演習・精神医学・心理アセスメント実践演習・カウンセリングと教育支援」など専門的な授業が展開されます。4年次にはこれまで学んできた心理学研究法を用いて1年かけて卒業論文に取り組みます。また、カウンセリングフィールド実習により臨床現場を体験し、指導教員から指導をうけ、授業での学びを実際に臨床現場で使えるように学びを深めます。このように、カリキュラムは1年次から4年次まで体系的に組み立てられています。臨床心理学を基礎とする支援に関する技術を学ぶとともに、基礎心理学に基づいた研究法の授業も充実しており、「心の声を聴くことができる」ことと「論理的な思考力」とを両立するカリキュラムとなっています。

 

先輩からのメッセージ

カウンセリングコースでは、カウンセラーになるために必要な心理学の知識や研究技法を専門的に学ぶことが出来ます。私は中でも心理面接の方法を学ぶ「心理面接実習」の授業が印象に残っています。カウンセラー役とクライエント役に分かれて心理面接を行ってみたり、プレイセラピーや箱庭療法を行ったりしました。カウンセリングはどのように進めていくものなのかを実際に体験出来たと感じています。その他にも質問紙法や行動観察法などの授業で、自分達でテーマを決めて実際に研究を行うのも興味深かったです。少人数制だからこその、先生の話を聞くのみの座学だけでは得られない、実践的な知識・技術を身につけることが出来ていると思います。

(岡部彩香 3 年)
 

Admission

ポリシー

学校現場や社会で生じている心の問題に対応するために必要な心理学の理論や方法を学び、専門的な心の支援を実践する力を持った人材の養成を目的としています。
 

※正確な入試の情報は入試サイトをご覧ください

Curriculum

特色ある科目

  • カウンセリング概説
  • カウンセリングと教育支援
  • 臨床心理学研究法
  • カウンセリングとキャリア形成
  • 人間理解の心理学
  • 心理面接実習
  • 心理アセスメント実習
  • 心理療法実践演習
  • 健康心理学
  • 家族心理学
  • 生涯発達心理学
  • カウンセリングフィールド実習

Future

めざす仕事

カウンセリングコースの学生は、専門家になるために公認心理師(国家資格)などの取得をめざし、次のような仕事で活躍します。
 

  • 学校(教育委員会)や教育相談所に所属し、不登校、いじめ、発達障害、人間関係の問題等に対して専門的な支援を行うスクールカウンセラー、教育相談所相談員等。
  • 家庭の問題、虐待、非行などの問題に対して、心理学の専門性を活かして支援を行う児童相談所児童心理司・家庭裁判所調査官・法務教官・保護観察官等の公務員。
  • 心身の不調や障害を抱える人に対して、医療機関において臨床心理業務を行う専門職。

 

Staff

教員一覧はこちらをご覧ください